自己破産の無料相談<悩み・不安を専門家と解決>

自己破産の無料相談<悩み・不安を専門家と解決>

自己破産は専門家に相談するのがベスト

どのようにして弁護士などを探すのか

 

何かしらの理由により借金を返済するのが難しくなった時など、借金問題を相談する時は弁護士や司法書士など専門の人に相談した方が良いです。

 

債務整理を行えば借金減額、帳消しする事はできますし、債務整理の手続きを個人で行うとかなり面倒で手続きが複雑なので、素人がインターネットを調べて行うと大変ですので、プロの人にお願いしましょう。

 

借金問題を相談する際、弁護士選びで大事なポイントは、借金問題に強い弁護士を選ぶと言う事です。

 

弁護士にも色々と得意、不得意分野があり、一通り業務はこなせますが、

 

やはり、借金など金銭関係に強い弁護士に依頼したほうが色々と詳細なアドバイスをもらう事が出来ます。

 

悪質な弁護士も存在しますので、借金問題を解決してくれたが、それ以上の金額の料金を請求されたと言う事もあり、全ての弁護士が優良というわけではないので、悪質な弁護士に引っかからないように、慎重に選んでください。

 

素人では悪質の弁護士を見抜くことは難しいので、無料弁護士相談を実施している弁護士達から話を聞いて、オススメの弁護士についてや、話のウソを見極める方法などを教えてもらうのが得策です。

 

借金問題をひとりで抱え込んで、生活がまわらなくなったと言う人は、一人で抱え込まず、プロに相談してみる事をオススメします。

 

自己破産は弁護士に相談

 

自己破産を申請する際は、司法書士よりも弁護士を頼ることをお勧め致します。

 

 

まず司法書士に行える手続きの範囲は弁護士よりも狭い範疇に限られており、140万円を超過する債権については債権者側との交渉権を持たず、また裁判所への訴訟代理権もありません。
しかも民事再生・自己破産における手続きとなると、債権総額を問わず司法書士には一切の訴訟代理権が認められていません。
これは、地方裁判所に申し立てを行わなくてはならないからです。
従って、自己破産の手続きを司法書士に依頼した場合、書類の作成については任せられますが、地方裁判所への申し立ては債務者本人が行うという形になります。

 

また、司法書士に手続きを任せると自己破産が完結するまでにおよそ半年ほどかかることも多いといいます。
これは債務者本人が申し立てを行うと手続きが煩雑になってしまったり、また裁判所との即日面接という制度を活用することができないためです。

 

弁護士への依頼ならば書類の作成のみならず申し立ても弁護氏名で行うことができるため、即日面接の制度を活用して3~4ヶ月のうちに自己破産を成立させることもできます。

 

司法書士に依頼して管財事件となった場合には、申し立てを行う債務者本人の出費も膨らみますが、弁護士が代理人として機能すれば小額管財手続きとなって出費を最低限に抑えることも
できます。

 

このように自己破産手続きにおいては、できることの範囲が限られた司法書士に相談するよりは、弁護士に依頼するほうがスピーディーで安心、というわけです。


ホーム RSS購読 サイトマップ