給与差し押さえの無料相談窓口|今やるべきことは何?

給与差し押さえの無料相談窓口|今やるべきことは何?

給与差し押さえになったら、先ず何をすべきか?

銀行や消費者金から給与が差し押さえされてしまうと、借金問題もいよいよ最終段階に入ったと言えます。

 

給与差し押さえに対抗する債務者側の方法としては、債務整理があげられます。

 

1人で、借金問題を抱え込んでいますと、最悪のシナリオを選んでしまう危険性もあります。

 

是非とも、弁護士や司法書士など債務整理の専門家に相談することをおすすめします。

 

専門家の方から、冷静なアドバイスをいただくだけで、落ち着いた心持ちになります。

 

人生は山あり谷ありです。

 

今の辛さは、これから人生を登っていくために必要な経験なんだと考えて、専門家の方から適切なアドバイスを受けて、人生の山にのぼってみてください。

 

自己破産をするとどうなるのか?

 

自己破産を行うと債務が免除され借金を返さなくても良くなります。

 

個人の借金はもちろん、保証人としての義務も消滅するので本人と保証人がともに自己破産を申請する、ということもよく行われます。

 

自己破産のメリットといえばやはり借金から解放されるということでしょう。

 

申し立てを行ったり、弁護士に依頼した時点で取り立てはストップされ、精神的、経済的な負担はかなり軽減されます。

 

破産手続が開始されれば差し押さえを受けることもないため、以後の収入は全て自分の財産になります。

 

また、過払い金があればその返還請求も同時に進めることができます。

 

ただ、もちろんデメリットもあります。生活に必要なもの以外の財産は原則として競売にかけられてしまうため、財産のほとんどを放棄することになります。

 

特に持ち家があった人はそれを手放すことになり、気持ち的にも辛いものがあるでしょう。

 

また、保証人がいた場合、今後は残りの債務の請求全てが保証人に向かうことになります。

 

保証人の人生を左右するほどの迷惑をかけてしまうことになるため、そういった点でも精神的な負担が大きいです。

 

その他にも官報に住所氏名が記載されたり、ローンがしばらく組めなくなるなど、自己破産にはそれなりのデメリットも存在するのです。

 

 

>>任意整理についてはこちら

給与差し押さえの無料相談窓口|今やるべきことは何?関連ページ

銀行口座の差し押さえにあったら【相談】
銀行口座の差し押さえにあってしまう方は少なくありません。差し押さえは、債権者側の最終手段です。先ずは専門家に相談するところからはじめましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ