財産差し押さえに関する相談【至急やるべきこと】

財産差し押さえに関する相談【至急やるべきこと】

差し押さえは債権者の最終手段

差し押さえは債権者の最終手段とも言える方法です。

 

つまり、借金問題もいよいよ最終レベルにまで突入したと言えます。

 

この段階になってくると、もう1人で悩んでいたり、友達や親に相談していてもしょうがないと言えます。

 

1人で自己破産しかないと思いつめるよりは、
至急、借金問題の専門家に相談すべきでしょう。

 

専門家から客観的な意見やアドバイスをいただくだけで、冷静な心持ちになれます。

 

弁護士ならば、債務整理の案件の実績が多い人に相談して下さい。

 

自己破産後の生活

 

自己破産したらまるで残りの人生をダメにしてしまうかのようなイメージがありますが、
実は再出発の最良な手段となることです。

 

自己破産後にはどのようなことがあるのでしょうか?

 

まず、最大のメリットとして言えるのが借金が帳消しとなることです。

 

今までの借金額は全て無くなりますので、支払いにおわれることはありません。

 

しかし、自己破産をすることで考慮しておかなくてはいけないこともありますので紹介しましょう。

 

まずは土地など財産がある場合はこれらを失います。

 

しかし、通常で使う車などの財産は手放すことなく済みますので安心してください。

 

次に連帯保証人が付いていた場合、あなたに取立てが行かなくても今度は保証人の方に返済を迫ることがあります。

 

この点は注意が必要となるでしょう。

 

また、住所の移転や旅行についても一部制限を受けます。

 

特に破産手続きが完了するまでは海外旅行するためには裁判所の許可を得る必要があります。

 

そしてクレジットカードや他のローンはその後10年間は組むことが出来ませんので、
審査はほぼ通ることが無いでしょう。

 

しかし、普通に生活する際には何ら不便はありませんし、
周囲に自己破産をしたことは知られることもありません。

 

今後の生活の立て直しに、自己破産も検討の余地はあるのではないでしょうか?

財産差し押さえに関する相談【至急やるべきこと】記事一覧

給与差し押さえの無料相談窓口|今やるべきことは何?

銀行や消費者金から給与が差し押さえされてしまうと、借金問題もいよいよ最終段階に入ったと言えます。給与差し押さえに対抗する債務者側の方法としては、債務整理があげられます。1人で、借金問題を抱え込んでいますと、最悪のシナリオを選んでしまう危険性もあります。是非とも、弁護士や司法書士など債務整理の専門家に...

≫続きを読む

 

銀行口座の差し押さえにあったら【相談】

銀行口座の差し押さえにあったらやるべきことは一つです。先ずは専門家に相談すること。差し押さえは、債権者側の最終手段とも言える方法で、借金問題がいよいよ深刻になってきたも言えます。この時、債務者側は払えるお金がないことから自己破産を考えたりしますが、自己破産デメリットやメリットもありますし、全ての人が...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ